どんなとき受診するの?

01

頭痛

筋緊張性頭痛、頚性頭痛は最も多い頭痛ですが、この他にも頭痛の原因は様々です。片頭痛や群発頭痛など、適切なお薬を服用することで軽快するものもあります。また最近大人だけでなく子供に片頭痛が生じることもめずらしくはありません。 … 続きを読む
頚・肩の痛み

くび・肩の痛み

くびが痛い!肩(肩甲骨)が痛い!腕が痛い! こんなとき頚椎や肩関節等の異常もしくは脊髄(頚髄)から腕につながる神経が圧迫(椎間板ヘルニアなど)されていることが原因であることが多いです。     診断に … 続きを読む
腰・足の痛み

腰・臀部・足の痛み

腰が痛い!お尻(臀部)が痛い!足が痛い! こんなとき股・膝関節等(整形外科的疾患)の異常もしくは腰椎疾患:脊髄から馬尾神経(腰椎)から下肢につながる神経が圧迫(椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症など)されていることが原因で … 続きを読む
04

めまい・ふらつき

“ぐるぐる目がまわる(天井が回る)”“フワフワした感じで宙に浮いた感じ”何となく傾いていますなどの症状がでた場合は、耳性めまいの他に小脳や脳幹部の脳梗塞、脳内出血、脳腫瘍といった頭蓋内疾患が原因である場合があります。まず … 続きを読む
05

しびれ・痛み

“朝起きたら手・足がしびれる” “何となく手・足がジンジンする”“手・足がピリピリ・チカチカ痛む”症状がでた場合は、脳梗塞、脳内出血、脳腫瘍といった頭蓋内疾患が原因である場合があります。まず頭部CTやMRIを行って重大な … 続きを読む
06

歩行障害

“歩きづらい“”引きつって歩く““ゆっくりしか歩けない”などの症状がでたら受診することお勧めいたします。股・膝関節障害以外にも脳由来、脊椎脊髄疾患、末梢神経障害、錐体外路障害(パーキンソン病など)などの様々な神経運動器障 … 続きを読む
07

物忘れ

物忘れがひどいなどの認知症が疑われたら、早期の診断が必要です。認知症の原因には脳梗塞や脳内出血等の疾患をもとに起こる脳血管障害性認知症とアルツハイマー病(アルツハイマー型認知症)が一般に知られていますが、治療可能な認知症 … 続きを読む
08

排尿障害

排尿障害とは尿を溜める働き(蓄尿機能)や尿を排出する働き(排尿機能)に何らかの問題が生じることです。排尿障害は、泌尿器科に限っての疾患(病気)ではありません。日常の中で、高齢化による膀胱機能の低下や、脳神経内科、脳神経外 … 続きを読む
09

脱力

急に手もしくは足に“力が入らないもしくは入りづらい“や、”顔が変形した感じ“脳の病気以外にも脊椎の変性や変形、末梢神経障害でも同様の症状が発現します。左右どちらかの手足の脱力や顔の麻痺(片方の口元が下垂する)を伴う場合は … 続きを読む
10

ふるえ・けいれん

ふるえには大きく、本体性振戦とパーキンソン病などがあります。また手足の筋肉がけいれん、ピクピクする。“足がこむら返りする“などの症状は脊髄由来(筋萎縮症など)の病気である可能性もあります。脳・末梢神経を含めた確実な診断が … 続きを読む
11

ろれつがまわらない

“急にろれつがまわらず、何を喋っているか聞き取りにくい“や“話をしている最中、思ってる言葉が出てこない”もし、このような症状があったら要注意です。
一時的な脳の血流障害(一過性脳虚血発作)を疑う必要があります。早めの受診 … 続きを読む
12

復視・視力低下

“最近ものが二重にダブってみえる”“見える範囲が狭くなって、よくぶつかるようになった”“視力が急激におちた”このような症状の時にも、白内障や乱視など目に原因があるとは限りません。眼が見えにくくて転びやすく認知症状のある人 … 続きを読む
13

脳卒中予防

脳卒中は予防に勝る治療はありません。       日本脳卒中協会が作成した脳卒中予防十箇条 手始めに 高血圧から 治しましょう 糖尿病 放っておいたら 悔い残る 不整脈 見つかり次第 すぐ受診 予防には タバコを止める意 … 続きを読む
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark