脊椎脊髄ドック

手や足のしびれといたみ、まひなどで一生苦しむことを未然に防ぐのが脊椎ドックの目的です。

手と足を動かして、その感覚を支配しているのが脊髄です。

その大切な脊髄を守っている入れ物が脊椎でできている脊柱管という管です。その管の異常をMRIで発見し脊髄が傷つけられて、手や足のしびれといたみ、まひなどで一生苦しむことを未然に防ぐのが脊椎ドックの目的です。脊椎ドックで多く見つかる病気は脊柱管狭窄症(頚椎、腰椎)、椎間板ヘルニア(頚椎、腰椎)、側わん症、腰椎分離症およびすべり症です。肩・うなじの痛み、治らない肩こり、手や足のしびれ・いたみ、最近歩くとすぐに足がだるくなる、めまい、わき・背中のいたみ、腰痛などでお困りの方にお勧めです。

なお、当ドックでは「日本脊髄外科学会認定専門医・指導医」が診断いたします 。

脳ドック・脊椎脊髄ドックは予約制(自費診療)となります。
ご希望のかたはお問い合わせ下さい。

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark